ちゃんとチョケる

物、情報、人間関係を断捨離

この記事は5分で読めます

「どうもこんにちは」 の人です。

 

先日もあったのですが、ナンパのコンサルなんかをやっていると、

 

「頭ではわかるのですが、、、」

 

と最初は新しい概念に対して拒否反応というか、抵抗を示すものなんですよね。

 

例えばナンパなんかは

 

”道で知らない人に声をかける”

 

という行為です。

 

これが当たり前になるかならないかでその後が変わってくる。

 

別に学校や会社であろうと、初めて会う人は”知らない人”に変わりないですよね。

 

全員知らない人スタートなわけです。

 

となれば知らない人に話しかけるのは別に普通のことやんけということになってくるはず。

 

が、これが街の中の道という場所に変わっただけで突然
「道で知らない人に声をかけるのは頭がおかしい。」
という考え方をしがち。

 

まあ日本はそういう文化圏なので仕方がない部分もありますが、とりあえずそこは置いときましょう。

 

で、そういう考え方の部分を定着をさせるにはもちろん”慣れ”によるところもありますが、その”慣れ”ってのも考え方を変えるのがまず先だったりするわけですよね。

 

で、考え方を変えるのって脳内に新しいものを受け入れるための空き容量がないと厳しいんですよね。

 

容量パンパンで凝り固まった考え方だと、どんなけ素晴らしい人や素晴らしい考え方に出会ったところで血肉にできるレベルで受け入れることができませぬよね。

 

ということで無理矢理ではありますが、脳内のものも含め、断捨離が大事ですよという流れに持ち込ませていただきました。

 

ここからが本題の”物、情報、人間関係の断捨離”というわけですw

 

我ながらかなり強引やなと感心してしまいましたw

 

これも、

 

”強引な流れで本題にもっていく”

 

というチョケでございますよ。

 

はい。

 

断捨離というと誰もが知っている言葉なので説明不要かと思います。

 

最近だとミニマリズムを実践するミニマリストなる言葉も台頭しておりますが、

 

「断捨離と一緒やんけw」

 

とツッコまざるを得ないといったところです。

 

正味、断捨離やミニマリズムの実践者が羨ましくなるくらい素晴らしい人生を送っていると感じたことは1ミリもありませんが、断捨離やミニマリズムの要素を取り入れていく事はチョケて最強におもろい人生をデザインしていくにあたって避けては通れないと考えております。

 

というか今これを書きながらそう考えましたw

 

ってなわけで、

 

冒頭からの流れの通り、

 

”考え方を変える、及びチョケ”

 

という観点からの断捨離ということでお話させていただきます。

 

まず最初に

 

”要らない物、人間関係、情報を捨てる”

 

なのですが、

 

それよりも前に、

 

”基本的に95%は要らない物、人間関係、情報である”

 

ということを鬼理解すべきやと思います。

 

よくよく考えてみたら家にある色んな服や物がなくなって、友達もいなくなって、テレビや携帯がなくなったところで死なないですよね。

 

「ほな全部捨てましょうw」

 

極論これくらい言いたいですw

 

ただ最初は難しいので、できるところからで。

 

まあときめくかときめかへんか基準でもいいんで、物に関わらず人も情報もそれで判別して捨ててみてはいかがでしょうかw

 

ってことでそのサンプルとしてオレ自身がどんな塩梅で物、人、情報を断捨離しているか、いくつか例を挙げてみますね。

 

そしてこのサンプルは思いつき次第不定期で更新してきますねw

 

1、物

 

・テレビは大分昔に鬼捨て。

 

・服もなるべく早く捨てます。
「長く使えるよう高めのものを」と思って買ったものも、しばらく着ていない状況に気付いた瞬間捨てます。

 

・余計なインテリアグッズは一切置かない。魔が差して買ってしまっても速やかに捨てる。

 

・貰い物も速攻捨てる

 

・本も読んだらなるべく捨てます。読み始めておもんなかったら速攻捨てます。

 

売りにいけばいい説ですが、その時間が無駄かつボールペンで線引きすぎてて売れません。

 

・書道家として修行中なので、たまにガッツリした作品を書くのですが、それも捨て散らかします。

 

いつでもすぐ海外にいけるくらいの身軽さがいいので、一瞬で退居できる家具付きの部屋がホンマは理想。

 

2、人間関係、情報

 

・LINEの友達数30人台。こちらから連絡を取る恐れのない人は一瞬で非表示にします。

 

そしてタイムタインは基本的にほぼ全員非表示、他人のプライベートほど意味のない情報はないです。

 

おもろいやつは別ですが。

 

・プライベートでTwitter、Facebookは使っていない、見ない。

 

逆に何に使えばいいのかがわかりません。

 

・新聞なし、テレビなし、ニュースアプリなし

 

普通に常識としてのニュースが入ってこなくて不便するっていうチョケですw

 

・購読メールマガジン等少なし。読んだら速攻削除、おもんかったら速攻解除。

 

・友達、知り合いが普通に鬼少なし。

 

めんどくさい人間関係が一切ないです。

 

・普通に知り合い、友達少なし。

 

・携帯、PCをなるべくオフィスに置いて帰る。

 

時計を持っていないので時間がわからないため、携帯を持ち歩かざるを得ないこともあり非常に辛いです。

 

・ナンパをやってた頃なんかはナンパブログとかナンパ用のTwitterとかするのですが、

1ミリも他人のはチェックしてませんでした。

 

チェックして他人の発言や結果に焦らされて受ける影響に1ミリもメリットはないので。

 

まあ一部を挙げるとこんなニュアンスです。

 

これくらいの物や精神上の余計なものを断捨離してると新しい人や考え方に良いスタンスで出会えがちです。

 

「そんなけ物や人間関係を断捨離してたら寂しいんじゃないか?」

 

みたいに聞かれることがありますが、鬼のようにナンセンスです。

 

寂しいことが悪であるみたいな考え方で凝り固まってしまっているのも新しいものを取り込む
容量が脳内にないという危険信号説ですよね。

 

逆に人間関係や情報に溢れすぎてるからかえってそれらに依存してしまう脳の回路ができあがり、結果それらがないと寂しいという悪循環に入ります。

 

オレも最初は寂しいと勘違いしてましたのでね。

 

単なる脳の勘違いです、なのでとりあえず一回リセットしましょう。

 

徳永家康の有名な言葉に、

 

「人の一生は重荷を負うて遠き道を往くがごとし」

 

っていうのがあり、ここだけを見るとめっちゃしんどい人生ニュアンスなんですけど、

 

続きが、

 

「急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。心に望みおこらば、困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事の礎、怒りは敵と思え。・・・(以下もうちょい続く)」

 

ということで考え方的に、断捨離マインドが垣間見えます。

 

やはり重要なのはマインドですからね。

 

メンタル的な部分さえ変えれるならなんでもよし、断捨離もナンパと同じで有効なツールということですね。

 

ちなみに一番言っておきたいのは別にオレが家康を好きだということではないということですw

 

ってことで、

 

とりあえず皆さん捨てましょう。

 

・LINE友達を100未満に

 

・家の物を鬼捨て

 

そんなところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

オレの目標はPC、携帯、その他電子機器全てを捨てることです。

 

普通に不便なときも多々ありますw

 

ということで今回はこれくらいで。

 

ちなみにチョケ断捨離にオススメの本ということで、オレが参考にしているのはこれです。

 

もたない男 (新潮文庫)

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

 

それでは!


ちゃんとチョケるメルマガコミュニティー(無料)








全7本計2時間20分に及ぶセミナー音声や対談音声を通じた無料メール講座が送られてきます。
現在ご登録の場合、
約5万7千字、86ページに及ぶPDFレポートを無料プレゼントしております。
ご登録直後に届くメールにてプレゼントをお受け取りください。
参加お待ちしております。

※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。

あわせて読みたい

運営者情報

奥村祥大

関西出身東京在住の書道家、及びちゃんとチョケる勉強会主催の人。
”チョケる”つまりはおもろいことをしたいと思い続けはや20数年。

年を取って成長するにつれ移ろいゆくおもろいと思える活動。
”ちゃんと”チョケる大切さに気付く。

関西の国立大卒⇒大企業入社⇒3ヶ月で退社、起業⇒ナンパ講師⇒ニューヨーク、ラトビア遠征⇒書道家、ちゃんとチョケる勉強会主催⇒セネガルに半年間遠征⇒現在日本一周中。
とごくごく普通の経歴です。


今後は、
●来年(2018年)ニューヨークに移住して起業。
●5年後(2022年)、ハーバードビジネススクール(HBS)受験。
のなどを通じて日本以外に世界中のおもろいやつらを集め倒す予定です。


連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

RETURN TOP