ちゃんとチョケる

いちいち理屈で動いてたらおもんない セネガル編1

この記事は4分で読めます

どうも、奥村です。

 

そういえば4日くらい前から西アフリカのセネガルという国の首都、ダカールに軽めに移住するというチョケを始めております。

 

 

まじで西の端っこですわな。

 

私が運営させていただいているちゃんチョケコミュニティーにおいて、人生をおもろくするために

 

●日々チョケの実践(一日一回ペース)

●デカチョケの実践(年一回ペース)

 

を推奨していますので、自分自身もチョケていかないことには発言権を失くしてしまいますw

 

ってことでセネガルに移住することになりますわな、そら。

 

といってもセネガルに移住すること自体はデカチョケというほど大したものでもないですし、日々チョケほど気軽なものでもないですので、その間の中チョケくらいでしょうか。

 

重要なのはセネガルにて何を成すかですね。

 

もちろんふざけ倒したいなと考えております。

 

(滞在場所の近所)

 

なぜセネガルなんですか?

 

これは東京在住中に5000回は聞かれた質問ですし、首都ダカールに住み始めた今も在セネガルの色んな方々から聞かれます。

 

それに対する私の回答はこれ以外に考えられません。

 

「知らんがなw」

 

たしかに気になりがちなテーマであるのもわかります、が、何でもかんでも理由があると思ったら大間違いです。

 

●アフリカという新天地での経験値アップ?

●サバンナで狩りをしたい?

●なんか未知やしおもろそうやから?

●何かしらのキャリアアップ?

●西アフリカでビジネス?

●アフリカの中で治安が良いから?

●書道をアフリカで?

●セネガル相撲のため?

●フランス語勉強のため?

●チョケのため?

 

(めっちゃ臭い。)

 

上記も理由っちゃ理由なのですが、あくまで後付けなんですよね。

 

結局は

「なんとなく!w」

というのが一番しっくりきます。

 

(アフリカルネサンスのモニュメント)

 

 

やっぱメリットやしたたかな考えだけでおもろいことをしようとしても心の底からおもろいと思えなくないですか?

 

「なんかおもろそう!」

と自然な感情に従って行動するほうが余裕でおもろくなるとしたものです。

 

 

私もなんとなくで決めたのはもちろんですが、きっかけは一応あります。

 

アフリカビジネスマンの本を読んでいたとき、その一節に

 

「セネガルって国にはゴレ島というかつて奴隷貿易で栄えた世界遺産があって、そこに『奴隷の家』という記念館的なものがある。 ネルソンマンデラ氏が訪れたとき、鬼のような涙を目に浮かべて『奴隷の家』から出てきた。」

 

みたいな描写があったんですよね。

 

あ、1ミリも引用じゃなくて適当な記憶で書いてますw

 

そんなくだりを読んで、アフリカの奴隷時代に思いを馳せ、なぜか私も泣きそうになりましたw

 

それがきっかけとなりセネガルを軽く検索してみると

「あ、ここやわw」

と直感が主張してきかないものですから、実際にきてみたわけなのです。

 

 

ってわけでね、たまにはメリットや合理性なんか無視して直感に従って行動してみるのも人生をおもろくするには必須なんじゃないかと思います。

 

知らんけど。

 

(近所の海辺)

 

さてさて、まだ来たばかりなのですが今んとこおもろかったのは、

 

1、露天商が絶対金持ってないやんって人相手に鬼セールスをしていたこと

 

2、野生のヤギの金玉が膨れ上がっていたこと

 

です。

 

1、露天商が絶対金持ってないやんって人相手に鬼セールスをしていたこと

 

(ダカールの町)

 

セネガル人はシャイながらもかなりフレンドリーです。

 

フレンドリーすぎておもろかったエピソードなのですが、

ダカールの都市部を歩いていると、体の悪いおばあさん的な人が路上にてお布施を打診していたのです。

 

もちろんお金を放り投げてもらうための容器には小銭が少々といったレベルです。

 

そんなおばあさん相手にめっさ若い青年露天商は訳分からんサングラスやらスマホケースやらを鬼のようにセールスしていたんですねw

 

身体障害があっても1ミリも差別することのない世界平和フレンドリーマインドと、

絶対お金も需要もないであろうところにセールスする鬼アホさ加減、

それらが混在している光景に普通にめちゃめちゃ笑いましたw

 

 

2、野生のヤギの金玉が膨れ上がっていたこと

 

(金玉肥大ヤギ)

 

ダカールはかなりの都市といえど、路上に多くの動物がいます。

 

犬、猫、牛、ヤギ、羊、鶏、馬を筆頭に。

 

めちゃめちゃ畏怖&爆笑したのが、上記写真のヤギですよね。

 

金玉か乳かよくわからん巨大なものをぶら下げているヤギをみつけ、近寄ってみました。

 

かなり近づいてみたので合ってるでしょうが、多分金玉のほうです。

 

何があったんでしょう?w

 

なんとかして金玉にタッチしようと追いかけ回したのですが、逃げられまくりまして叶わず。

 

 

以上、微妙におもろかったことでした。

 

落ち着いたら何か活動していこうかなと思いますので乞うご期待!

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

「セネガルのこんなことが知りたい」

「セネガルでこんなことに挑戦して欲しい」

「僕もチョケたいです!」

などなどありましたら、下記までメールをば。

 

連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

 

 

それでは!

 


ちゃんとチョケるメルマガコミュニティー(無料)








全7本計2時間20分に及ぶセミナー音声や対談音声を通じた無料メール講座が送られてきます。
現在ご登録の場合、
約5万7千字、86ページに及ぶPDFレポートを無料プレゼントしております。
ご登録直後に届くメールにてプレゼントをお受け取りください。
参加お待ちしております。

※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。

あわせて読みたい

運営者情報

奥村祥大

関西出身東京在住の書道家、及びちゃんとチョケる勉強会主催の人。
”チョケる”つまりはおもろいことをしたいと思い続けはや20数年。

年を取って成長するにつれ移ろいゆくおもろいと思える活動。
”ちゃんと”チョケる大切さに気付く。

関西の国立大卒⇒大企業入社⇒3ヶ月で退社、起業⇒ナンパ講師⇒ニューヨーク、ラトビア遠征⇒書道家、ちゃんとチョケる勉強会主催⇒セネガルに半年間遠征⇒現在日本一周中。
とごくごく普通の経歴です。


今後は、
●来年(2018年)ニューヨークに移住して起業。
●5年後(2022年)、ハーバードビジネススクール(HBS)受験。
のなどを通じて日本以外に世界中のおもろいやつらを集め倒す予定です。


連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

RETURN TOP