世界行脚
ノマド×ノマド
おもろい働き方・生き方

なぜ働かなければならないのか?

どうも、奥村です。

今回は激しく重いテーマをポップに取り扱っていこうと思ってますのよ。

タイトルにもある通り、

「なぜ働かなければならないのか?」

ですよね。

読者さんや周りにも多く悩んでいる方がおり、そのせいで人生が糞詰まっていたり、いまいち仕事にエネルギーが乗らなかったりという事件が多発しているので取り上げないわけにはいかないかなと。

最初に申し上げておくと、

もちろん私は真の答えなぞ知り得ませんw

ただこのテーマでゲロ悩みしてきた20数年の確かな実績はあります。

そして、脱出した今やからこそ共有できる何かしらはあるんちゃうかなと。

では早速。

「何で働かなあかんねん・・・」の起源は、学校・勉強に遡ります。

つまりは、

「なんで学校行かなあかんの?」

「なんで勉強せなあかんの?」

ということですよね。

親に問うてみても、

「何アホなことゆうてんの、皆行ってるやん(勉強してるんやん)」

の一点張りで相手にしてもらえません。

そうです、日本社会というのは、

「皆やってるやん」

の国なのですよねw

「皆やってるからオレもやらなあかんことになる因果関係なさすぎやろw」

と思ってましたが無力すぎてどうしようもありませんでしたよね。

 

そんなひねくれ者が大学に行くといよいよ「なんで働かなあかんねん;;」の前身となるイベントが発生します。

つまりは、アルバイトですw

周りの大学生が何も疑問を持ってなさそうな形相で当たり前のようにバイトに勤しんでいるのが不思議すぎて

「うわ、絶対友達できひんやん。。。」

と怯えたものです。

「なんでオレが時給800円でバイトせなあかんのや!?

もし親が鬼金持ちで仕送りが無尽蔵にあるなら200%バイトせえへんのやけど!」

と、バイトする意味に対する答えが見つからなすぎて鬱でしたよねw

まあそもそも、

・漫画喫茶の面接で死ぬほど本気出して自己PRし、不採用

・意味もなく個人指導塾をクビに

・集団指導塾を2日出勤して退職

・日雇い引っ越しバイトで稼いだ日給をその日のうちに散財

・「かわいい子おらんかな」とお花屋さんのバイトに申し込んで門前払い

などなど、バイト向いてないエピソードには事欠かない私ですw

なぜ向いていないかって、バイトをする意味を見い出せなさすぎたからですよね。

一般的には、大学生の時分のバイトって、

・社会勉強になる

・新しい出会いがある

・自力で生活するスキルを高める

・学費や生活費のため

・普通に楽しいから

みたいなものとされていますが、一般的な理由が自分にあてはまるとは限りません。

ひねくれ者なので嫌なものは嫌やし、やる意味見い出せないものは見い出せないし、楽しくないものは楽しくないのです。

普通に「わがまますぎw 根性なさすぎw」と一蹴されそうな話ですが、間違いないですねw

ただゲロ悩みしてることに代わりはないと。

「バイトするくらいやったら欲しいもの買えなくても、友達と遊びにいけなくても構へんわボケ!」

ということで図書館にこもりまくっていた時期もありましたw

金がなさすぎて死にかけているときなどは、親に連絡して

私「大学の授業で使う高い専門書買わなあかんから金くれ。」と打診し、

親「バイトしなさい。 みんなやってるでしょ。」との切り返しにも、

私「勉強忙しくてバイトする暇ないねん。」と激しく食い下がって仕送りをゲットしておりました。

めっちゃカスですよねw

そんな状態のやつが大学を卒業して社会人になったわけですから、もちろん使い物になりません。

新入社員として会社で働き始めても、

「なんで働かなあかんねん。なんで朝起きなあかんねん。なんで満員電車乗らなあかんねん。。。」

と文句しか出てこないカスでしたw

一般的に働く意味と言えば、

・人間的に成長するため

・仕事=人生

・男は仕事してなんぼ

・社会のお役に立つため

・家族を養うため

・そもそも働くなんて当たり前

みたいなところでしょうが、全てが1ミリも腑に落ちない系男子だったと。

むしろ前回の記事じゃないですが、被害者意識も全開でしたよね。

「親が鬼金持ちでありさえすれば、、、」

「学校で金儲けについて教えてくれさえしていれば、、、」

などなどw

そんな昔の私は、被害者意識全開・働く意味見い出せなさすぎのしょうもないスタンスのくせに、さらにタチの悪いことに、、、

「人生死ぬほどおもろくしたいぜ!!!」

と望んでいたのですw

その姿はまるでわがまま勢のトップを独走しながら、業界を牽引していく存在のようでした。

もはやここまでくるとイケメンなんじゃないか説も浮上するレベルですよねw

そんな当時の私も不幸中の幸いといいますか、人生に対して無気力だったというわけではなく、むしろやる気満々でした。

「MAXレベルでおもろい人生にしたるで! 我が人生に一片の悔いなし狙いで!」といった具合に。

結局はマックスレベルでおもろい人生ということと働くということのアウフヘーベン、統合が必要だったんですね。

つまりは、

おもろいことしてることが勝手に仕事にもなってるし、

仕事してたら自動的に人生もおもろくなっていってるし、

っていうおもろさと仕事の循環が起きている日常を送ることやと。

おもろいことをするってことと、仕事をするってことの垣根がない状態と言い換えることもできるでしょうか。

あ、何度も言いますけど”おもろいこと”ってのは”ふざけたこと”ってのももちろん含みますけど、それ以外にも

、成長すること・周りへの貢献・自分の好きなこと・やりがいを感じられること、などなどの普通に良い意味も包括してますのでご注意をばw

 

そんな風に、私の場合は

”おもろさと仕事の統合”

により、いちいち「なぜ働かなければならないのか?」みたいな悩みにエネルギーを奪われたり、それのせいで行動できなくなったりという状態から解放されました。

そして毎日おもろくなりましたw

で、これってただの私の場合であって、1つの例にしか過ぎないです。

 

もし今これをお読みの方が

「なぜ働かなければならないのか?」

というテーマで悩みすぎて死にかけている場合、自分なりに腑に落ちる答えを見つける他ないですよねw

元も子もないですが、一般的な模範解答で納得できないなら仕方ないです。

でも、そういうことで悩んでいるのは決して悪いわけではなく、それだけ人生を真剣に考えている証拠だとも思うのです。

じゃなければすでに鬼ニートになっているはずで、そもそも悩んでないでしょうからw

「結局は自分なりの答えみつけてくださいねー」ではあまりにも非情な気がしないでもないので、手がかりになる考え方的なところくらいは雑にシェアしておきますね。

まずは、理想の生き方みたいなのをガッツリ考えると。

どんな生き方、働き方がしたくて、どんなやつと一緒に時間を共有したくて、どんなやつに良い影響を与えたくて、みたいなところですよね。

人生のコンセプトみたいなやつです。

そこに沿ったことならやるし、沿ってないことならやらないと決める。

土俵を割らない覚悟は大切かなと。

私も自分のコンセプトに沿い過ぎて何度もピンチに陥りましたw

「生活費もないやんw」的な。

自分の理想の生き方に外れているなら、お金を稼げるチャンスがあってもスルーしましたし、自分の理想の生き方に沿っているなら、お金にならなくても取り組みまくったことも多くあります。

そういう土俵を割らないスタンスでいると自動でお金も入ってくるし、生き方と働き方も統合されていくと思います。

正味、ほんまに生活するだけなら日本では仕事しなくてもいけますからねw

ホームレスでもいけるし、生活保護もあるだろうし、なんとでもなる。

他人の目や見栄が邪魔してるだけですよねw

そしてその他人の目って1ミリも自分の人生に関係ないですからね。

長くなってきたのでまとめましょうか。

私の場合、「なぜ働かなければならないのか?」

→「知らんがなw でもおもろいことはしたい!」

→「おもろいから仕事するし、仕事っておもろいもの。その統合って可能なんや!」

ってこと、んでメルマガでも言いましたが、

「みんなもそうしていこや!w  ビジネスしよや、稼ごや!w  おもろいことしよや!」

ってことで忘れてましたが「なぜ働かなければならないのか?」について喋った音声があるのでぜひ聞いてみてくださいね。

音声はこちらから

今回は以上です。

期間限定で一人あたり30分ほどスカイプ相談を受け付けてますので、希望の方はIDを添えてメールいただければと。

続々とご応募いただいてます。

残り数名、今週いっぱいということで。(この企画は30名近くの応募をいただき終了しました)

こちらから:shotaokumura.kinshu@gmail.com

お読みいただきありがとうございました。

それでは!

【特典付】世界行脚メルマガコミュニティ(無料)



海外進出やビジネスに関するノウハウ、その他セミナー等のイベント情報を不定期で配信しております。

現在1200名以上のメンバーが参加中です。

現在ご登録の場合、海外、起業、ナンパなどを通じ、ふざけて人生をおもろくすることに関する
無料PDFレポートを3つプレゼントしております。
全185ページ、12万字ほどです。

ご登録直後に届くメールにてプレゼントをお受け取りください。

参加お待ちしております。

※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください