ちゃんとチョケる

自意識過剰から解放される2つの方法 セネガル編6

この記事は7分で読めます

どうも奥村です。

 

お久しぶりですが、お元気でしょうか?

 

元気な人も元気じゃない人も、メールで近況教えてくださいね。

 

 

さてさて、私は鬼元気です。

 

アート村では作業場から専用のアトリエに移動してコツコツ活動してます。

 

なんせこれまで創作なんてしたことないですからね。

 

小学校の図工以来です。

 

インスタグラムの方にアップしていく予定満載なのでお楽しみに。

 

 

 

 

さてさて今回は、

自意識過剰からの解放

 

をテーマに、この記事を読み終わる頃には他人の目や自意識が40%カットされる状態を目指していこうかと思います。

 

 

 

 

早速ですが、私や読者の多くも含めた日本人の特技って、

 

他人の目や言葉を気にしすぎる、しかも単なる妄想で膨らんだ自意識過剰によってダメージを負う

 

ってやつですよね。

 

一言で言うと、

 

”自意識による自滅”

 

です。

 

 

「これ得意な人、手を挙げてください?w」

 

ってなった時に真っ先にピンと腕を伸ばして手を挙げるのが私自身なわけですがw

 

そしてその手を挙げる際ですらガッツリ自意識が働き、

「うわー、ちゃんとキモくないニュアンスで手挙げれたかな?」

「挙げるタイミング、ミスってなかったかな?」

などと無意味に負荷を感じるような人種であります。

 

 

 

 

”自意識による自滅”業界には中学時代から籍を置いてますからね。

 

正味もうプロですよ。

 

そんな自滅界のプロである私がお伝えできるのは、

 

×自意識を自滅に

 

 ではなく、

 

○自意識を主人公感に

 

といった風に正しく使用していくための心得やそのトレーニングについてです。

 

ポイントはたったの2つ

 

1、バンジージャンプの習慣化

 

2、誰もあなたを気にしていないというデータの蓄積

 

早速見ていきましょうぞ。

 

1、バンジージャンプの習慣化

 

 

他人の目や自意識に人生を制限され、何らかの行動を起こせない状態であるならとりあえずやってみるということです。

 

これをちゃんチョケ内では”バンジージャンプ””エイヤッ”と呼んでいます。

 

バンジージャンプなので命綱がついており、死なないわけですね。

 

ナンパにおいて他人の目が気になって声がかけられない、ってな場合なんかわかりやすくバンジージャンプでしょう。

 

死ぬほど緊張しながらもエイヤッと声をかけてみる、すると意外にも死なないわけです。

 

「あれ? 死なへんくね?w」

 

この体感がすごい大事ですな。

 

そしてそのバンジージャンプを飛ぶという行為自体を習慣にしていくわけです。

 

何かあると自動的にバンジーを飛ぶような仕組みが体内に形成されるまで。

 

・声かけというバンジー

・イジるというバンジー

・会社を辞めるというバンジー

・ナンパ塾を主催するというバンジー

・ファッションを変えるというバンジー

・高額な自己投資をするというバンジー

・セネガルに移住するというバンジー

・インスタグラムに作品をアップするというバンジー

 

声かけと会社辞めるってののハードルの差ありすぎじゃないですか?

 

って思うかも知れないですけど、

 

余裕で地面が見えるくらい低いところからのバンジーなのか、底が見えないくらい谷が深くて長い綱をつないだバンジーなのかっていう高さの違いなだけで、結局は命を保証されたバンジーなのは同じです。

 

要はバンジージャンプそのものに慣れているかどうかです。

 

「ナンパは声かけに慣れましょう!」

って言いますけど、本当は

「バンジージャンプに慣れましょう!」

の方が汎用性ありますよね。

 

 

 

あ、そういえばセネガルで会った日本人起業家の方が、

「何でも挑戦するべきですよね、最悪死ぬだけですから。」

とおっしゃってたのを思い出しましたw

 

そうですね、バンジーも綱が切れるという事故が発生したら最悪死にますね。

 

あーこわっw

 

 

 

まあなんせ他人の目・自意識過剰によって人生を制限されているなら、行動を起こす際はバンジージャンプと見立てると。

 

そしてバンジージャンプを繰り返していると慣れてくるものです。

 

慣れてきた頃には相当、他人の目や自意識過剰の苦しみから解放されていることかと思います。

 

 

 

 

とにもかくにも日々プチバンジーですよ。

 

ちなみにそのバンジージャンプ、なるべく簡単にできる方法があります。

 

それは仲間と一緒にバンジーすることです。

 

これも日本人の得意技ですね。

 

皆バンジーしてる、みたいな環境にいたら「自分もバンジーせなあかん!」ってなりやすいですから。

 

ナンパの合流が良いとされてるのはその理由ですな。

 

 

そしてバンジージャンプが日夜行われているコミュニティーがあります。

 

それは私が運営している

『ちゃんとチョケるオンラインコミュニティー』

です。

 

体感ですが、私も含めた約70名のメンバー全員自意識過剰やなと思いますw

 

自意識過剰コミュ二ティーであるがゆえにバンジージャンプコミュニティーであると。

 

 

皆が人生を少しでもおもろくしようとバンジーに励む、なんと素晴らしいことではないですか。

 

 

 

私も最近まで他人の目や自意識過剰のせいでインスタグラムに写真アップするの嫌だったんですけどね、

バンジージャンプしましたからw

 

すると何が起きたのか?

 

 

そうです、死ななかったのですw

 

YEAH!!

 

 

2、誰もあなたを気にしていないというデータの蓄積

 

 

自分の人生の主人公は自分であり、他人の人生の主人公はそいつ本人である。

 

つまり、私奥村の人生の主人公は奥村ですし、

逆にこれをお読みのあなたの人生の主人公は奥村ではなく、あなた自身ですよね。

 

この大原則を感覚だけでなく、データからも理解するのは自意識過剰からの解放の手助けになり得ます。

 

簡単に言うと、

 

”人間の一番の関心事は自分である”というデータを蓄積する

 

ってことになります。

 

先ほどお話ししたバンジージャンプが習慣になってくると、実体験からデータが増えてきますよね。

 

 

例えば渋谷で美女に声をかけ、思いっきりミスりましたと。

 

そこで周りの人に聞いてみたらええですよ。

「今の見てました?」

って。

 

すると基本的には誰も見ていないというデータがまずは得られるでしょう。

 

次に見ていたとしても、

「いや、見てたけどどうでもええし。ってか忙しいんで。」

と1ミリも興味を持たれないでしょう。

 

なぜならそいつにとってはそいつ自身が人生の一番の関心事だからです。

 

っていうデータも得られるでしょう。

 

 

他にも、過去に番ゲした女の子に久々にLINE送ってみたら

「つーか誰?」

って返ってきますよね。

 

そういうことですよ。

 

これも良いデータの蓄積になりますね。

 

 

バンジーを続けてるとこんなデータがわんさか増えてきます。

 

そのデータから、

「あ、他人の目ってマジで気にすんの意味ないやん。」

ってことが身に染みてわかってくるのです。

 

 

いかに他人は自分に興味がないかがわかると行動にも制限がなくなってきますし、

逆にどうすれば他人に影響を与えることができるのかもわかってきます。

 

 

例えば、美女はあなたのことを嫌いなわけではないのです。

 

気にしていない、眼中になさすぎるだけなのです。

 

じゃあちんこの一本でも出して嫌われた方がましやということですよw

 

 

 

ってなわけでせっかくバンジーで行動を起こしたならしっかりデータを蓄積し、

他人の目や過剰な自意識からの解放度合いを高めていきましょうって話です。

 

 

 

最近の私を例に出しますと、

セネガルにいるもんですからね、

「日本代表としてセネガルにおもろい影響を与えねば!」

みたいな自意識が知らず知らず見え隠れしてたんですよね。

 

そしたらセネガル人、誰も日本のことなんか気にしてないわけですよ。

 

気にしてないばかりか、そもそも日本の存在すら知らないですよねw

 

セネガルでは基本”アジア人=中国人”という認識です。

 

 

アート村にてラミンというやつとの会話で、

 

ラミン「ってかお前中国人?」

 

私「ちゃうで、日本人やでー」

 

ラミン「そうなんや、オッケー!」

 

という会話がありました。

 

その1ヶ月後ですよね。

 

ラミン「お前もフランス語とウォロフ語やろうとしてるし、オレも中国語学ぼうかな?」

 

私「いやだからオレは中国人じゃなくて日本人やて。」

 

ラミン「知ってるで。 でもゆうて中国の一部やし、中国語話すんやろ?」

 

私「一部ちゃうし、1ミリも中国語わからんわ。 お主もギニアの言葉わからんやろ?」

 

ラミン「そうやな、、、ってことは中国と日本って別の国なん!? 同じ見た目やのにか!?」

 

私「初めからそう言うてるがなw 全く別の国じゃw」

 

ラミン「まじかよ、、、 ええこと聞いたわ! センキュー!」

 

ってくだりがありましたからねw

 

別にラミンが特別アホということではなく、セネガル人の日本に対する知識の平均がラミンなのです。

 

このようなデータがあれば日本人自意識が過剰になってダメージを負う必要がないことも容易に理解できますねw

 

 

さて以上、他人の目や自意識に人生を邪魔されている際の対処法として

 

1、バンジージャンプの習慣化

2、誰もあなたを気にしていないというデータの蓄積

 

の2つでした。

 

 

今回は以上です。

 

久々に記事を書いたので

「論理めちゃくちゃなんちゃうやろか?」

「アホなのバレるんちゃうやろか?」

「わかりにくい文章なんじゃないか?」

みたいな自意識を過剰に分泌させることも可能なんですけどね、

 

1、久々でも記事を投稿するというバンジージャンプ

及び

2、こんな記事を書いても誰も細かいところなんか気にしないという蓄積済みデータ

 

この2つで難なく行動に移せましたよねw

 

 

はい。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました!

「軽めのバンジーしました!」「他人の目気にしてます!」

「人生鬼悩んでます!」「ちゃんチョケオンライン入りたいです!」

などなど、その他感想等ありましたら、下記までメールをば。

120%の高確率で返信しております。

 

連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

 

それでは!


ちゃんとチョケるメルマガコミュニティー(無料)








全7本計2時間20分に及ぶセミナー音声や対談音声を通じた無料メール講座が送られてきます。
現在ご登録の場合、
約5万7千字、86ページに及ぶPDFレポートを無料プレゼントしております。
ご登録直後に届くメールにてプレゼントをお受け取りください。
参加お待ちしております。

※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。

あわせて読みたい

運営者情報

奥村祥大

関西出身東京在住の書道家、及びちゃんとチョケる勉強会主催の人。
”チョケる”つまりはおもろいことをしたいと思い続けはや20数年。

年を取って成長するにつれ移ろいゆくおもろいと思える活動。
”ちゃんと”チョケる大切さに気付く。

関西の国立大卒⇒大企業入社⇒3ヶ月で退社、起業⇒ナンパ講師⇒ニューヨーク、ラトビア遠征⇒書道家、ちゃんとチョケる勉強会主催⇒セネガルに半年間遠征⇒現在日本一周中。
とごくごく普通の経歴です。


今後は、
●来年(2018年)ニューヨークに移住して起業。
●5年後(2022年)、ハーバードビジネススクール(HBS)受験。
のなどを通じて日本以外に世界中のおもろいやつらを集め倒す予定です。


連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

RETURN TOP