世界行脚
ノマド×ノマド
セネガル

なぜかアート村で働き始めましたw セネガル編5

どうも、奥村です。

皆さん、GWは満喫されたでしょうか?

私はいま日本がGWだったということに気付いた次第ですので、これからセネガルでGWしようかななどと画策中です。

前回の更新から1ヶ月以上空いていたので死んだと思われがちなのですが意外や意外、割とガッツリ生きてるんですよねこれが。

人生わからんものですね。

 

さてさて、セネガルで1ヶ月も過ごしてしまえばネタにつぐネタのオンパレードです。

とてもじゃないですけどおもろいとこだけピックアップしても書ききれる量ではございません。

なのでね、今回は逆にそんなおもんないとこというか単純に私が書きたいところだけをお送りしていくシステムを採用させてもらいますね。

まずはタイトルにあるように、、、

 

なぜかアート村でアーティストとして働き始めることになりましたw

ここですね。

その話は後ほどかますとして、まずはこっちでよく絡ませていただいているハイスペックセネガル人の話をば。

そやつの名はずばり、ドロ。

よく行くカフェで出会い、そこのオーナーだったというオチです。

蓋をあけてみると、、、

・イケメン、身長190、筋肉質

・カナダに10年おった

・華麗なる一族

・何十カ国も旅してる

・セネガルで鬼色んなビジネスしてる

・普通にめっさ頭良い

・嫁はんスト高

と、ただのハイスペックボーイであることが一目瞭然です。

フィジカルのスペックはもちろん、頭の良さやトーク力も私より上、何一つ勝っているところが見当たりません。

「日本人として侘び寂びに対する感性くらい勝ってるんじゃね?w」

と淡い期待を抱くも、日本に対する知識も私より上、負けてる気しかしません。

 

一緒にいるだけでこちらのセルフイメージが下がる、そんなスーパーマンのドロ君ですよね。

そんな彼はセネガルで右も左もわからぬ私の相談によく乗ってくれます。

私「アート村でアーティストとしてやっていくわーw」

となった時も、

・コンセプト

・webサイトや写真

・アートのアイデア

・リーチするべきオススメのセネガル人層

などなど、何から何までアドバイスをくれます。

私「正味、オレがやるよりドロがやったほうがええやん、死のうかなw」

ってな気分にならせてくれ、非常に感謝してます。

 

そんな彼のコンサル的なコンサルみたいなやつを彼宅で受けている際、私の日本での活動の話になったわけです。

つまり、

「人生1兆できるで! おもろいことしよや!」みたいなコミュニティーを運営している

ということに関する話ですよね。

そら流れで、

ドロ君「へーめっさええやん! ブログ見せてや!」

となります。

私「ええでー!」

と見せますよね。

で、

そのブログをGoogle翻訳にかけられますよね。

すると、、、

こうです。

 

おわかりでしょうか?

ブログのタイトルが、、、

『ちゃんとチョケる』⇒『I will be fine』になっているのを見た瞬間人生終わったと思いましたよねw

『I will be fine』などというブログタイトルの著者がおもろいはずがないですからねw

鬼のような辱めを受けた瞬間ですw

ただ記事を読んでみるにこのgoogle翻訳、かなりハイレベルです。

私の日本語なんか相当ブロークンだと思うんですけど、結構正確に訳してきやがるわけです。

ただカタカナには滅法弱いという欠点を見つけて嬉しくなりましたね。

イミフ⇒imif

ウンコ⇒unco

オナ禁⇒onaha

みたいな感じなので。

「”ウンコ”くらい訳せるやろw」って話です。

カタカナを多用することで翻訳を防ぐという作戦が取れそうですねw

皆さんもブログやってる方なんかは一回google翻訳に入れてみるとおもろいですよ。

 

はい。

そんなこんなでね、アーティストとしてやっていくってなって色んなセネガル人に助けてもらってます。

でなんですけど、

「何がアーティストやねんww」

っていうツッコミの嵐ですよね、結局。

わかります。

なんたって一番そのツッコミを入れたいのは他ならぬ私自身ですもの。

軽く説明させていただくと、

ちゃんとチョケる、つまり

『ちゃんとゲロ悩みを経ながらも人生をおもろくしていく。ってかむしろ皆でそうしていこうぜ!』

そんなコンセプトでブログなりメルマガなりコミュニティー運営なりをしてるわけですよね。

なのでナンパなり書道なりセネガル行ったりなどなど、ふざけたことをしがちですし、

コミュニティーメンバーも各々のニュアンスでおもろい人生を歩むべく日々研鑽を積んでおります。

これをお読みの方もたまに「あーオレも人生おもろしよかな!」などと1ミリでも影響を受けてくださっているのであればこちらの思う壷でもあります。

ただ私自身、

ずっと違和感がありました

どこにかというと、

「ちゃんとゲロ悩みを経ながらも、人生をおもろくしていく」

の中の2つの側面

1、ゲロ悩みの側面

2、わかりやすくおもろい側面

のうち、

2、わかりやすくおもろい側面

しか伝えれてなくね?w

という違和感です。

読者様やコミュニティーメンバーにも同じことが言えます。

●即ったぜ!

●会社辞めたったぜ!

●昇進したったぜ!

●セネガルきたったぜ!

●起業したったぜ!

などのようなわかりやすいおもろさはブログで発信したり、人に共有したりして周りを勇気づけがちです。

が、そこに至る葛藤や努力、死にかけというゲロ悩みの部分はなかなか上手く共有できていないんですよね。

 

何よりの問題が、

そのゲロ悩みの部分が一番おもろいし他人も勇気づけられる

という事実ですよね。

もちろん成功体験の部分も勇気づけられますが、

「コンプレックスで鬱になって会社もいけんくなって、毎日吐いて10キロ痩せて、、、図書館で本を読みあさる毎日で、、、」

みたいなゲロ悩みのプロセスの方がおもろいし勇気づけられませんか?w

そんなけゲロ悩みしながらも人生おもろくしようと奮闘してる姿は最高に好きです、個人的に。

というか私もそのタイプの人間なのでw

 

しかしそのゲロ悩みの部分をおもろさや周りへの良い影響に昇華させるのは簡単な作業ではありません。

そのままブログに書いたり、人に話したりしようものなら”ただのネガティブなやつ”ということで迷惑でしかありませんし、

「ナンパに挑戦したけど怖すぎて毎日5時間、1ヶ月間地蔵し続けました。」みたいな単純な描写では全然足りません。

ホンマにゲロ悩みしてるときはブログなんて書けないし、人にも話せないほど苦しいものです。

皆さんも余裕で経験あるんじゃないでしょうか?

余裕ですよね、マジで。

実際セネガルにきてからの3ヶ月弱、死ぬほど悩んで死にかけたりもしてたわけです。

そんなことどう書いたらええかわからへんし、別に言語化して伝えたいとも思いませんし、読者の方に負の影響を与えるわけにもいきません。

しかしです!

そのゲロ悩みの中身、プロセスが結局周りの人にとって一番おもろいし、一番勇気をもらえるということも事実なわけですよねw

「あーもどかしいしもったいない!」と。

死にかけているときどんな風に悩んで、どんな風に1分1秒を過ごして、どんな風に回復していったのか?

そこの方が、

「日本人の私がセネガル相撲に挑戦してみたでーw」

の9億倍おもろいわけですよね。

知らんけど。

なんかめっさ話長くなってきましたねw

ってことで薮から棒マインドで急に結論にもっていきます。

「そのおもろい部分をアートで出そw」

という魂胆になったわけです。

悩みをアートに昇華させるのはありがちですが、私の場合はそれに加えて

1ミリもアートを経てきてないしセンスもない日本人がいきなりセネガルのアート村で毎日創作活動に励むw

というわかりやすい方のおもろさもプラスしておりますw

(アート村の様子)

(アーティストのアトリエ)

(謎のやつ)

(私の作業場。広すぎw)

ってことでね、ホンマは今回の記事でアート村でのおもろい活動について書こうと思っていたのですが、導入が長くなりすぎたので次回の記事に回させていただきますw

これからはガッツリinstagramも活用していきそうなのでフォローしておくことをオススメせずには夜もおちおち寝られません。

インスタフォローはこちらから

今回は以上です。

お読み頂きありがとうございました!

「セネガルのこんなことが知りたい」「セネガルでこんなことに挑戦して欲しい」「僕もチョケたいです!」

「フランス語勉強してます!」「こんなの描いてほしい!」「人生鬼悩んでます!」

などなど、その他感想等ありましたら、下記までメールをば。

120%の高確率で返信しております。

連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

それでは!