ちゃんとチョケる

チョケるには悩む

この記事は3分で読めます

どうも、日曜ですね。

 

脱サラしてから5年目なのでね、土日にありがたみがあったのも今は昔です。

 

当時は、

 

1、金曜:休み前日なので嬉しい

2、木曜:華金の前の日なので嬉しい

3、水曜:華金前日の前の日なので嬉しい

4、火曜:水曜という月〜金の中間地点まであと1日なので嬉しい

5、月曜:休みが遠すぎて逆に休みを意識しないで楽なので嬉しい

 

みたいな感じで全曜日の解釈を工夫してましたが、結局崩壊して月〜日全部嫌やんって結論に到ったのを覚えていますw

 

今は毎日が嬉しいというか、曜日感覚がないですな。

 

新宿や外食先に行き、

「あれ、なんで今日こんな混んでんの!?」

ってのでその日が休日だと気付く感じですね。

 

古今和歌集の

 

”秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞおどろかれぬ”

 

を詠んだときの藤原敏行の心境に酷似しているんじゃないかとふんでいます。

 

 

 

とまあどうでもいい冒頭を経ての本題。

 

”ちゃんとふざける” すなわち ”チョケる”

 

ってのはなかなか塩梅が難しい。

 

というお話ですね。

 

単純にふざけたことをする、おちゃらけたことをする、突拍子もない発言をするってことでは1ミリもないんです。

 

チョケるというのは、

 

1、他人ではなく自分の人生を生きるという腹括りをする

 

2、自分のやりたいこと、自分の成長、自分がおもろいと思うこと、

これらを探して統合するためにゲロ悩みを続ける

 

3、1と2の前提の上で周りの人間を楽しませていく、笑わせていく、勇気づけていく

 

そんな作業なんですね。

 

1と2のないチョケは間違ったチョケであり、何の意味もなく飲み会で騒ぎ散らかすのは間違ったチョケの典型と言えるでしょう。

 

逆に1と2を経ている、あるいはその最中の人が同じことをするならこれはれっきとしたチョケなわけなんですね。

 

まあなんとなくわかりますよねw

 

ナンパなんかは特にチョケることが大事です。

 

相手を笑わせたり、楽しませない限りは先がない活動なので。

 

ってわけでコンサルでもチョケの必要性をお伝えしているのですが、

正しいチョケニュアンスが理解できている人ほど成長も早いし結果も出ている傾向にあります。

 

 

ってなわけで冒頭が短くなってしまった分本文を削るというチョケのためにそろそろ結論をまとめるコーナーに移りますねw

 

 

チョケるとは、

 

”ダメージを負いながらもそれに屈することなく自分の人生を全うしようではないか”

 

という誠実系の側面がかなりの割合を占めてくる生き方でもある。

 

ってことですね。

その上でやるおもろいことは普通にだいたいおもろいと思いますw

 

ただ先ほどの1と2の前提の部分は、他人に言うようなことではないし、というか

それを言うてしまったらゲロスベリ必至やんてことです。

 

そしてそれをブログに書いているオレはゲロスベらされてる説があるのですが、そんな

秘伝情報も公開するというチョケやと解釈することで一命をとりとめている感じですね。

 

それはええとして、自分の中でははっきり覚悟を決めておく、そしてその覚悟を定期的に更新、確認

する作業ってのは大事やと思うで一緒にやっていきましょ。

 

やっぱ人間流されやすいですから。

 

オレとか世界レベルで流されやすいです。

 

ブログ書こうとしたらとりあえずエロサイトみたりネット碁打ちがちなのでね、修行せにゃならんです。

 

今回は、以上です。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

それでは!


ちゃんとチョケるメルマガコミュニティー(無料)








全7本計2時間20分に及ぶセミナー音声や対談音声を通じた無料メール講座が送られてきます。
現在ご登録の場合、
約5万7千字、86ページに及ぶPDFレポートを無料プレゼントしております。
ご登録直後に届くメールにてプレゼントをお受け取りください。
参加お待ちしております。

※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。

あわせて読みたい

運営者情報

奥村祥大

関西出身セネガル在住の書道家、及びちゃんとチョケる勉強会主催の人。
”チョケる”つまりはおもろいことをしたいと思い続けはや20数年。

年を取って成長するにつれ移ろいゆくおもろいと思える活動。
”ちゃんと”チョケる大切さに気付く。

関西の国立大卒⇒大企業入社⇒3ヶ月で退社、起業⇒ナンパ講師⇒ニューヨーク、ラトビア遠征⇒書道家、ちゃんとチョケる勉強会主催⇒セネガル移住
と現在までごくごく普通の経歴です。


連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

RETURN TOP