ちゃんとチョケる

チョケは解釈の問題が87,9%である。

この記事は4分で読めます

こんばんは。

 

コンサル等をさせていただくと毎度のことですが、

 

「チョケって何やねんw」 「ちゃんとふざけるって何やねんw」

 

という疑問がコンサル初期の方から沸き起こります。

 

チョケの特徴は、

 

・ふざける、おもろいことをする

 

・自分自身が成長する

 

・周りを楽しませる、笑わせる、勇気や希望を与える

 

みたいな感じなんですね。

 

従来のチョケとの違いは、

 

・自分自身の成長

 

・周りを感化、鼓舞という影響力

 

これらがニュアンスに含まれることです。

 

で、そのチョケ力なるものを伸ばしていくことが人生を変えたり、おもろくしたりするために有効でっせというのを常々考えておりましたし、ナンパのコンサルなんかでもお伝えしておりました。

 

そして現在私自身もチョケ力伸ばしの真っ最中でございますし、死ぬまで伸ばし続け、そして死んでからも伸ばしたく思う春うらら系男子なわけです。

 

で、今回の記事はタイトルにある通り、

チョケやちゃんとふざけるというのは、自分自身の解釈によるところがほとんどですよということです。

 

つまり、

 

”自分はおもろいと思っていないけれど、周りの人は笑ってくれる、楽しんでくれる、評価してくれる”

 

そんなものはチョケではないということです。

 

例えば、

 

×自分自身が大ダメージを負うような自虐ネタ、行動、発言全般。

 

×ホンマはしんどいけど無理して良い服を買い、世間的に良いとされるような恋人を作り、そういうキャラを演じながらそういうコミュニティーに所属。

 

”そういう”の乱用は説明がめんどくなったからです、すいませんw

 

まあそんなニュアンスのやつですね。

 

心あたりのある方は少なからずいるはずです。

 

最低でもオレ自身が心あたりがありまくっていたのでw

 

・ええ大学いってええ会社入ってもたんやからそっから脱出するのはもったいなとビビる。

 

・「こいつらしょうもなっ!」と思いつつも怖いのでコミュニティーの上位グループに所属してそいつらを笑かす。

 

みたいなのは一瞬とはいえど体験させられました。

 

こういうのはチョケではないんですよね。

 

逆にですが、

 

”一般的に考えて「それおもろいやんw」と思えることも、自分自身が引け目や負い目を感じていたり、おもろさを感じていない”

 

というのもまたチョケにあらずなんですね。

 

チョケにあらずイベントに一番多くでくわすのが、オレがナンパセミナーを開催していたときです。

 

セミナーってのはたいがい土日ですから、休日を返上し、お金を払ってまでナンパのノウハウを聞いてコミュ力なりを向上させて成長したいっていう意識の高い人ですよね。

 

完全にチョケてておもろい人らですよね?w

 

基本的にはそういう方々なのですが、稀に

 

×「休みの日にナンパセミナーに参加してるなんて情けない、何してんねやろオレ。。。」

 

と言わんばかりの方もお見受けします。

 

オレからしたら最高にチョケてんのに「もったいなっ!!w」と思うわけですよねw

 

こういうところが”チョケは解釈である”所以のところなりなわけです。

 

で、解釈の問題である以上、解釈の仕方、つまり捉え方さえ変えれば誰でもチョケれるということです。

 

先ほどのナンパセミナー例ですと、

 

○「わざわざ休日に金払ってコミュ力やらメンタルやらを鍛えるためのセミナー来てるとかオレ意識高っ!w しかもナンパのセミナーとかオレめっちゃチョケてんなw」

 

という解釈が正しいという寸法なんですね。

 

せっかくおもろいことしててもそれをマイナスに捉えててはもったいなすぎです。

 

そのまま人生ずっと同じ物事の捉え方をしていてはお金換算で生涯120億円レベルの損失になりかねません。

 

ちなみにナンパセミナーですが、一番チョケを感じているのは主催している私自身ですw

 

まず自分というところで言うと、

 

「国立大卒業して、いったんは大企業就職したのにナンパセミナーでメンタルとかコミュ力とか語ってんのチョケすぎやろw しかもセミナー力アップという成長付きやんw」

 

という解釈。

 

他人へ、というところでは、

 

「このセミナーに参加してくれた人らが普通に楽しんでくれて、かつメンタルやコミュ力なりがパワーアップすることでそれぞれの仕事のパフォーマンスも上がり、そこに間接的に貢献してるとかチョケてんなーw」

 

という解釈が成立しますよね。

 

ってことでチョケは解釈の問題が87,9%というお話でした。

 

前提として

 

”自分自身がおもろいと思える”

 

ってのがなければチョケは成立しません。

 

そしてチョケが成立しなければ人生は変わりません、おもろくなりませぬ。

 

自分がおもろい、楽しいと思ってないのに他人を笑わせる、楽しませる、影響を与えるというのは厳しいお話ですよね。

 

なぜなら無理してるのを見抜いてくるやつがいるから。

 

手練れの者、そして自分自身の二者ですね。

 

手練れの者や自分自身を騙し続けて生きていくのは不可能です。

 

オレならしんどくて自殺してまうやつですw

 

中高はそんな時期でしたw

 

まあそんな時期も、

 

「死ぬほど辛いやつをいったん経て最強になるための布石を打つやつさせられてるわ、、、w」

 

っていうチョケの解釈が可能なわけですがねw

 

今回は以上です。

 

お読みいただきありがとうございました。


ちゃんとチョケるメルマガコミュニティー(無料)








全7本計2時間20分に及ぶセミナー音声や対談音声を通じた無料メール講座が送られてきます。
現在ご登録の場合、
約5万7千字、86ページに及ぶPDFレポートを無料プレゼントしております。
ご登録直後に届くメールにてプレゼントをお受け取りください。
参加お待ちしております。

※信頼性のあるコミュニティ運営を心がけています。
あなたのプライバシーをしっかりお守りします。

あわせて読みたい

運営者情報

奥村祥大

関西出身セネガル在住の書道家、及びちゃんとチョケる勉強会主催の人。
”チョケる”つまりはおもろいことをしたいと思い続けはや20数年。

年を取って成長するにつれ移ろいゆくおもろいと思える活動。
”ちゃんと”チョケる大切さに気付く。

関西の国立大卒⇒大企業入社⇒3ヶ月で退社、起業⇒ナンパ講師⇒ニューヨーク、ラトビア遠征⇒書道家、ちゃんとチョケる勉強会主催⇒セネガル移住
と現在までごくごく普通の経歴です。


連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

RETURN TOP