ちゃんとチョケる

オススメ本

(2017年09月05日更新。現在24冊、1教材、1CD教材、1アプリ、1メルマガ)

このコーナーはチョケの土台を作るためにオススメなる本をば私の独断と高慢と偏見で紹介していくという主旨のコーナーという体裁を取らせていただけて非常に光栄なるコーナーです。

 

とはいうものの、チョケ力の向上、セルフイメージやセルフトーク力の肥やしになるもの、そして何の意味もなくただおもろいだけという本まで玉石混淆かと思いますのでご注意ください。

 

そして頻繁に更新していくのでチェックが面倒かもしれないのが難点です。

 

ただ、ここに掲載してある本を全部読んで何も人生に影響ないなんてことは起こりえないと確信しております。

 

それでは早速!

 

目次

1、成功の実現

かの有名な中村天風師の本ですね。

 

さすがにこれを自己啓発本と呼ぶのは恐れ多すぎる余り、脇汗を垂れ流してしまうような鬼実学本。

 

価格も1万円と高額がちですが、仮に「お会計20万円になります。」と言われようが

「は〜い。」と素で買ってまうような内容。

 

コンサル生にも基本的に読んでいただくようにしてます。

 

3部作の1冊目です。

 

正味1冊目だけでええわ、ってのはここだけの話です。

 

img_5920

 

2、月と六ペンス

 

モームの小説。

 

主人公が鬼。

 

表面上誠実系全てを捨てアーティストとして暴挙に出るお話。

 

周りの目や評価は一切気にかけない超絶メンタルを持ちながらも、自己の存在からくる悩みにはしっかり致命傷を負うその姿は圧巻。

 

この本を読み、主人公に憧れすぎてオレが一番ダメージを負ってしまうという結果に終わりました。

 

 

3、何でも見てやろう

 

小田実さんが東大時代に世界を旅しまくってたときのやつ。

 

そこらへんの世界一周本とは一線を画しすぎです。

 

世界の女子とデートをしている描写もあり、デートだけではなく普通にゲットしているくだりがあればさらにおもろなってしまっていたのですが、さすがに書けなかったのでしょうw

 

4、もたない男

 

じみへんという漫画の作者なのですが、捨て方がホンマにおもろすぎる。

 

・普通に必要な物、トキめく物を捨てるのは当たり前

・ボールペンのインクが減った部分をカッターで削る

・棚や椅子の不要な部分をノコギリで切る

・のくせに物はめちゃめちゃ買う、で捨てる

 

という完全にお笑いの本になってますw

 

●物的なものから解放されて本質的なものを取り戻し、幸せな人生を送る

 

というミニマリストに対し、このじみへん作者は

 

●ただひたすらに捨てたい

 

のみ。

 

どっちがおもろいのかは一目瞭然ですねw

「あー最近笑ってないなー。」

という方はぜひ読んでみてください。

 

かくゆうオレもこの本を買って捨ててを3回繰り返してますw

 

img_5915

 

5、真剣師小池重明

 

著者の団鬼六さんといえば、『蛇と花』で有名な作家さんですね。

 

SM方面でも有名ですが、将棋、囲碁方面の小説もめちゃめちゃおもろいです。

 

小池さんというアマチュアで将棋がめっちゃ強かったの人の話。

 

オレ自身は完全に囲碁派ですが、そんなやつからしてもあまりにおもろすぎるスリリングなノンフィクションなので紹介させていただく運びとなりました。

 

なぜなら小池さんが無茶苦茶すぎるからですw

 

・アマチュアながらプロより強い。

・実生活での素行がひどすぎる。

・やけど人間的な魅力があるのか、周りはほっとかない。

・人生全体としては完全崩壊w

 

男なら読んでおきたいかもしれないですね。

 

オレ自身リスクのある道を選択する行動力はある方だと思っていますが、
自ら100%破滅とわかっている人生を送ることはできないタチですので、
そっち方面では完敗を喫しました。

6、チカーノになった日本人

 

15分くらいで読み終わるサブカル本。

 

サブカル本の中では相当おもろい部類に属してきますね。

 

アメリカの極悪刑務所で極悪連中とラポって生き延びた方のお話ですが、これを読むと

 

「ホンマにナンパとか余裕やん。声かけビビってんのアホくさっ。」

 

ってな心境になれます。

 

オレはそれも飛び越して「ナンパとかアホくさっ。」までいってしまいましたがw

 

7、隣人。 38度線の北

本というか写真集ですね。

 

初沢亜利さんという写真家の方が本気を出しまくって北朝鮮の日常を撮影されたわけです。

 

北朝鮮というとマスメディアからの情報による”いわゆる北朝鮮”のイメージしかありませんでしたが、この写真集はイメージの真逆をいくもの。

 

「めっさ普通のええ国やん。」とほっこりせずにはおられない塩梅ですね。

 

というものの、ほっこりするより前に写真集内でかわいい子を血眼になって探したのは蛇足でしょうか。

 

そんな普通な感想はおいとして、オレはこの写真集をみて、
「そういえばオレ、エロい系とかグラビア系の写真集一回も買ったことないな。
写真集童貞やん。そろそろ一冊くらい買わねばやな!!」

と考えるきっかけを得たのが一番デカかったです。

 

8、日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理

 

世界の仕組みがわかったような気になれます。

 

日々の細かいニュースをチェックするよりは大枠で世界を捉えたいという方向け、抽象度上がります。

 

あまりにも前提知識がなさすぎるオレ向けの本でした。

 

9、現代広告の心理技術101

ブログやメール、手紙など何か書き物をすることがあるなら絶対に読んだほうが良い本。

 

何回も通読しました。

 

そして書き物に限らず、ナンパや営業などリアルの人間関係にも活かせまくる本。

 

ちなみにわたくし、そこで学んだことは一切当ブログに活かしていないというチョケをしているのが最大のポイントですw

 

なぜかリアルの書店には売ってません。

 

img_5918

 

10、努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方

 

セルフイメージやエフィカシーを高めるための本。

 

そして定期的にセルフイメージをメンテナンスするためにオレも使っています。

 

苫米地氏本は何冊か読んでもいいと思いますが、とりあえずはこの1冊やなって本がこれです。

 

ちなみに誰かに貸してそれ以来見当たりませんw

11、自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか

 

オレと言えば岡本太郎好きで有名ですよね。

 

彼はメンタルモンスターです。

 

オレは足りない部分をチョケで補強してます。

 

ダメージを負ってるときはこの本で回復させていただいてます。

 

計8億回弱読んでます。

 

有名なので読んでる方が多いかと思いますが、まだの方はとりあえず3冊は買った方がいいんじゃないかと思います。

 

1冊目は読む用。

 

2冊目は読む用。

 

3冊目は読む用。

 

そんな感じです。

 

めっちゃ箇条書きになりました、思いがけず。

 

img_5917

 

12、『断射プログラム』オナ禁でフェロモンとオーラを搭載した男に進化せよ!

 

本ではないですが、このコーナーで唯一オススメする教材です。

 

オナ禁というか性エネルギーに関する理解を深めることについては死ぬほどオススメしたいものの、適切な本がないのでこの教材をばというやつです。

 

中村天風師の『成功の実現』が1万円で、この教材も1万円というのは完全に価格設定がおかしいですが、天風師の本が本来100万円やのに1万円で市販されているだけということであり、この教材も1万円ジャストくらいの価値やと思います。

 

3年くらい前に購入しましたが、今でもちょくちょくテキストみたり音声きいたりしてます。

 

これを使ったオススメ人生おもろくする3ステップは下記です。

 

●性エネルギーやオナ禁に関する正しい知識を得て理解を深める。

●オナ禁の実践によりエネルギーアップの体感。

●あえてオナニーして人生を終わらせることでチョケ力のアップ。

 

13、マッスル北村 伝説のバルクアップトレーニング

 

●鬼のような努力家ボディビルダー

●東大も合格している。参考書を一冊完璧に覚えるまで家に帰らない、飯も食わない

●15時間で120km走って14キログロム減量。爪鬼はがれでシューズの中が血でグチャグチャ。

●体脂肪低すぎて餓死

 

など伝説多すぎ系男子。

中身はクソ温厚。

 

爆笑しまくり本です。

 

14、AV男優しみけん ~光り輝くクズでありたい

 

男なら誰でも好きであろうしみけん氏の本。

 

おもしろエピソードは多々ありますが、個人的にはしみけん氏が駆け出しの頃

「屋根付きバイクを見たら、ピザ屋かAV男優だと思え!」

みたいな風潮があったというくだりで死ぬほど笑かされました。

 

そのチョケニュアンスは100点です。

 

15、ヤノマミ

 

アマゾン奥深くの民族の生活を描いたノンフィクション。
超絶原始的かつ、独自の風俗を持つ。

 

特に14歳の女子が出産し、産まれた赤ちゃんを育てるか殺すかの選択を自分一人でせなあかんってゆうルールの元、結局殺す選択をしたシーンではオレもメンタルに大ダメージを負ったものです。

で、男に関してはメンタルの強さやトーク力なんかより、狩りの能力がモテ度を左右します。

環境的に当たり前なんですがw
「チョケ力高めてるヒマあったら狩り力を高めねば!」と、そんな意識にさせてくれる本。

誰か一緒に狩りに出かけませんか?

 

16、現代思想について―(新潮CD 講演 小林秀雄講演 第4巻)

 

全8巻の秀雄さん講演CD、正味めちゃめちゃええです。

 

小林秀雄といえば初期の著作なんかわざと難しく書かれててアホの私は普通に全然理解できませんが、この講演はめっちゃわかりやすい。

 

基本的にオーディオ教材死ぬほど嫌い派のオレですが、秀雄氏の喋りはめっちゃ心地よくてずっと聞いてられます。

 

書き起こしのない音声教材は絶対にチェックしない覚悟で日々生きてるオレが言うんで間違いないです。

 

で、全8巻あるので好きなタイトルのCDから入ればいいと思いますが、初めての方にはこの4巻あるいは2巻あたりがとっつきやすいかなと思います。

 

オレは4巻が好きで、買ったのは5年以上前ですが今だにしょっちゅう聞いてます。

 

しみけん氏本紹介で、

「屋根付きバイクを見たら、ピザ屋かAV男優だと思え!」

のくだりを書きましたが、このCDに関して

「奥村がイヤホンをしているのを見たら、音楽か小林秀雄を聞いてると思え!」

くらいの勢いです。

 

8巻全部持ってるわけではないですが、この紹介コーナーの中でも相当オススメ度の高い案件です。

 

 

17、サハラに死す――上温湯隆の一生 (ヤマケイ文庫)

 

オレが今までに読んだノンフィクション部門ではかなり上位にくると言わざるを得ないやつです。

 

約40年前に当時20歳くらいの青年が前人未到のサハラ横断に挑戦して死ぬやつです。

 

ほとんど計画や作戦といったものはなく、「いや、雑すぎやろw」とツッコまされる箇所多数のやつです。

 

それでいて読み進めていくとめっちゃ応援してる自分に気付くやつです。

 

「この冒険マインドは日常でも忘れたらあかんな。」と、ぬるま湯生活に浸かりがちなオレに喝を入れてくれるやつです。

 

この本のおかげでサハラ横断を諦めたやつです。

 

 

18、究極の男磨き道 ナンパ
3年前にしゃおろん塾副塾長を務めていただいたRさんの本です。

 

まあRさんって誰やねん、って方がいるかもしれないので簡単に紹介すると、

・オレが知っているナンパ師の中で一番の教養の持ち主

・NLP、心理学、催眠を実践に活かす系ナンパ師

みたな感じです

 

とはいえ、当時Rさんからこの本をいただいたときは「読んでからブログで紹介しますよーw」とか言いつつも、正直あんまり期待してなかったんですねw

 

「あんまおもんなかったらどう紹介しよw」

と内心不安でいっぱい、眠れぬ夜が続きましたw

 

ナンパノウハウ本ではなく、Rさんがどのようなきっかけでナンパを始めて、
どう這い上がってきたかの自伝小説的な内容です。

 

結局ね、おもろかったです。

 

「いや、正直そんなところで悩んだことないわw」

みたいな箇所がいくつもあり、笑ったらあかんところで爆笑してしまいましたw

 

名場面は、コミュ障をこじらせて挨拶活動の一環で店員と話すために

「友達にプレゼントあげるんすけど、何がいいですかね?」

のくだりから、ホンマに要らんぬいぐるみを実際に購入してしまうところです。

 

本を投げ捨て、笑い転げて死にましたよ。

 

この場面のためだけにでも読む価値あるわと思いましたねw

 

逆にこの場面をもうバラしてしまった以上、買わなくてもいいかもしれませんねw

 

オレも当時は大概低いスペックでコンプレックスまみれがきっかけでナンパを始めたわけですが、上には上がいるもんですねw

 

「自分ほど最悪な状況にいる男はいない。」

そう確信していても、最悪方面で自分より上なんていくらでもおるもんです。

 

それくらいひどい所から一念発起してナンパを始めた場合、

・挫折
・凄腕ナンパ師

このどちらかしかありえません。

 

Rさんはホンマに研究熱心、努力家タイプです。

 

ナンパ師の口から”補完的なトランスアクション”なんて言葉は聞いたことないですよね?w

 

心理学の用語ですが、ナンパ実践中にこの言葉を意識してるやつなんていないでしょう。

 

彼ほど頭を使ってナンパしてる人はいないと思います。

 

比べたらオレなんか全然努力してないやん、ノリでそこそこできるようになったんちゃうか?w

と思ってまうくらいに。

 

まあオレとは悩むポイントや壁の種類が全く違うわけですが。

 

一番共感できたのは、「ホンマに努力を続けたらナンパできるようになんのか!?」って部分でした。

 

女の子のレベルを問わなければ、番号をゲットしたり、連れ出したり、即や準即するということはホンマに”誰でもできる”と思います。

 

が、たまに街でみかける超絶美女クラスになってくると、

「そもそもあのレベルはオレの人生とは無縁なのではないか!?」

そんな不安で頭がいっぱいになってしまっていましたw

 

そしてオレはまたこうも思います。

「最終的にあのレベルがゲットできひんのやったらナンパなんかする意味ない」

とw

 

当時のオレに言ってやりことはただひとつです。

「ナンパで超絶美女ゲットできるで。」

これだけで十分です。

 

変なナンパテクニックとかより、この一言で当時のオレは頑張れますw

 

まあまあかわいい子、AKBレベルの女の子を何百人、何千人ゲットしても意味ないなということは昔から思ってました。

 

めっちゃ最強を倒したい、それがオレにとっての自己啓発でした。

 

よくある悩み相談に対する励ましの言葉に、

”いま自分が直面している問題はすでに他の誰かが経験済み”

みたいなのがありますよね。

 

ブサイクやけどナンパできるようになった。

コミュ障、鬱やけどナンパできるようになった。

いくらでも事例があるわけです。

自分だけやわこの悩み、みたいなの全部すでに誰かが乗り越えてます。

 

だから余裕ですw

 

節々のコミュ障さに電車男を彷彿させる箇所があって、かわいいし爆笑でしたw

 

オレも人のこと言える立場ではなかったのですがw

 

結局この本はどんな人に読んでほしいかというと、

・コンプレックスのでかさでは誰にも負けない

・自分の中にものすごいダークサイドを抱えている

・心理学、NLPに興味あり

・電車男をおもろいと思える

こういう方は共感できる箇所がかなりあるんじゃないでしょうか。

 

逆に、

・順風満帆な人生を送ってきた

・特に何も考えずにナンパをやっている

・ナンパノウハウが知りたい方

こんな人は読んでもおもんないでしょう。

全く意味わからんでしょうから。

 

以上、Rさんの本を読ませていただいた当時の感想です。

 

他の本に比べて紹介長過ぎやろって感じですな。

 

そしてちょくちょくRさんにお会いする度に「2冊目のナンパ本出す出す」詐欺被害にあってるオレでした。

 

19、情熱の階段 日本人闘牛士、たった一人の挑戦
img_5916

詳しい紹介記事はこちら

 

20、エロ事師たち (新潮文庫)

 

エロ事師(えろごとし)ってゆう、まあAV制作したり、売春斡旋したりとエロを生業にしてる男たちの話ですな。

 

下衆いくだりが多いし、ストーリーも割とどうでもええんですが、なんせ言葉のチョイスが神すぎます。

 

全体を通して神みたいな表現を多発してこられたら本のコメント書きようがなくなってまうがなという文句しかありません。

 

これを書かれた凄腕エロ事師さんは『火垂るの墓』の作者と同一人物です。

 

img_5913

 

21、つながらない生活 ― 「ネット世間」との距離のとり方

 

img_5921

22、人生の期待値はナンパで変わる 元パチプロニートがナンパをしながら外資系コンサルタントになった話

詳しい紹介記事はこちら

 

23、インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)

 

24、不道徳教育講座

 

25、非色(有吉佐和子)

img_6243

詳しい紹介記事はこちら

 

26、スタディサプリ

 

 

詳しい紹介記事はこちら

 

 

27、白昼の死角

 

28、玉井のネットビジネス無料メルマガ

運営者情報

奥村祥大

関西出身東京在住の書道家、及びちゃんとチョケる勉強会主催の人。
”チョケる”つまりはおもろいことをしたいと思い続けはや20数年。

年を取って成長するにつれ移ろいゆくおもろいと思える活動。
”ちゃんと”チョケる大切さに気付く。

関西の国立大卒⇒大企業入社⇒3ヶ月で退社、起業⇒ナンパ講師⇒ニューヨーク、ラトビア遠征⇒書道家、ちゃんとチョケる勉強会主催⇒セネガルに半年間遠征⇒現在日本一周中。
とごくごく普通の経歴です。


今後は、
●来年(2018年)ニューヨークに移住して起業。
●5年後(2022年)、ハーバードビジネススクール(HBS)受験。
のなどを通じて日本以外に世界中のおもろいやつらを集め倒す予定です。


連絡先:shotaokumura.kinshu@gmail.com

RETURN TOP